読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつの間にか丸くされていた

サブカルJr.担というパラドックス

ジャニヲタ合格体験記

無事第一志望受かったので、ずっと書きたかった合格体験記をつらつらと書いていきます(高校の合格体験記は、思ったよりユニバーシティオブトーキョーの合格者が多くて書かせてもらえないかもしれないから♡)

使ってた教材は基本的に学校から支給されたものしか使ってなかったのでそんなに載せません、載せたところで多分ためにならない!!!

あれは失敗したな〜ってことも多いので、今後受験生になる人の反面教師としてお役に立てたらと思います。

 

 

春来たりてJr.担になる 

何事もスタートが肝心であることはみなさま周知の事実であると思います、もちろんわたしも高2の終わり頃まではそう思ってたよ。でも本能には抗えなかった!!!

 忘れもしません、もうすぐ受験生になろうという3/13放送のガムシャラで、背中にアトラスオオカブトを載せてサイコーにえっちい表情をしている男の子に出会ってしまったのです…。そう、松村北斗!!!

かくして、わたしは新高3の春というめちゃくちゃ大事な時期に転がり落ちるようにJr.担となってしまったのでした…。

 

八月のすべてはあげられなかった

これ以上ない天井席だった野球大会、変な時期に好きになったためやむなくほぞを噛んだクリエ、青春のせの字もなかったクラスマッチ・学園祭…etc.を終え、ようやく迎えた受験生としての夏休み!学校に講演会に来た予備校のおじさんは600時間勉強しろとか言ってた気がするけど、正直無理だと思います♡そういうまるでSFな目標*1に振り回されないで自分のペース守って焦らずやるのが一番。

 

とか偉そうなこと言ってるけど、カスヲタはどこまでいってもカスヲタ。サマステ参戦*2という暴挙に出ました。(しかもどうせ1日潰れるんだし〜ってことで3部すべて参戦)

しかし、受かったから言えることではありますが、現場に行くのは全くもって悪いことじゃないと思います(もちろんそれなりの代償は伴うけれど)

家が特段裕福な訳でもないわたしは予備校には行かず、学校近くの図書館でおひとりさまでひたすら勉強していたので、現場がなかったらおそらく腐ってました…(だからといって、予備校辞めて現場行こ〜っていうのはダメだゾ、予備校で友達と話してスッキリしたほうが罪悪感も金銭的負担もないから5億倍いいです!!!!!)

と、まあだいぶ言い訳がましくなってしまったけど、こんなわたしでもサマステ以外の夏の思い出は皆無です。頑張って思い出そうとしてもこいつらしか脳裏に浮かばない。↓↓↓ 

f:id:hnzwwwww:20170314220301p:plain f:id:hnzwwwww:20170314220314p:plain

 

人生について考える、そして志望校変更

サマステを経てジャニヲタとしての階段を一段上がったわたしはその後の人生について考え始めます。

それまでは関西の某大学の史学科が第一志望だったのですが、あれ、関西行っちゃったら北斗くん見られないじゃん、しかも大学院行きたくないから文系にしたのになんで史学科専攻しようとしてるんだろう、てかとっとと結婚してスキャンダルに心惑わされない女になりたい!!!と目を覚まし(?)、都内の大学に志望校を変更しました。図らずもランクを下げる形となってしまったので、親には変更を報告しましたが、担任には一ヶ月ぐらい黙ってました(笑)進学校だととりあえず上目指しとけって言われて生徒の意見はガン無視ってこともあります。それで今つらい思いしてる友達も周りに割といます。まあそういうときはクレバーにいきましょう、君の人生は誰のもの〜って歌ったらいいよ!!

 

センター数学という大きな敵

そうこうしているうちにもう12月!!センター試験は目と鼻の先!!

そんなわたしの前に大きな壁が立ちはだかるのです…。そう、センター数学!!!

構文は北斗くんに出会ったくだりと全く変わらないけど、全然しあわせじゃない😊😊

これはどうにかしないと足をひっぱられるぞ…と不安になり、この時ばかりは睡眠時間を犠牲に朝4:30起きで学校の自習室に行ってました。毎朝準備しながらしっかり少クラは見てたけど。

ひたすら過去問解きまくりました、と言ってもごみ文系なので2010年代までしか遡れなかった…。でもやらないよりはやった方が200倍マシだから、分かんなかったらちゃっちゃと答え見てちゃっちゃと解法パターン掴みましょう。センター数学のメネラウス率は異常。

 

と、苦手を着実に埋め、順調に見えたセンター対策。この時にはまさかこの苦手克服が本番で仇となるとは知る由もない…

 

センター本番(ありがとう北斗くん)

とりあえずやれるだけのことはやって迎えたセンター本番。当日の朝は、インスト→Dモ→コシヒカリのコンボをキメて仕上げていきました。

まあスト担だしいけんべ(笑)とわたしの頭の中の田中樹(ごめんなさい)は絶好調。受験会場に着いてからも落ち着いていつも通りに参考書を眺める。

しかし、試験開始が近づき、入室してくる試験官を目にした途端にその謎の自信は儚くどこかへ吹き飛ばされる…心臓バックバク、手ガッタガタ、口カッラカラ。完全にテンパるいたいけな高校生。

そこに救世主が現れる!!!そう、松村北斗!!!!!

手帳にジャニショのお写真を挟んでいたことを思い出し、すかさず取り出し眺めました。この際周りの目なんて気にしてられない。

ほぼ毎日狂ったように少クラをリピっていたため、日常の風景の一部と化した自担を見るとどんどん心拍数が下がっていく。人間の体って本当不思議ですね。

長くなりましたけど、この経験から伝えたいことは、全ジャニヲタ受験生よ、試験会場には自担(の偶像)とともに参戦しなさいということだけです。端的!!!

 

日文志望なのに

その後特に大きなハプニングもなくセンター試験は終了。と言いたいところだけどそんなに人生甘くない。日文志望なのに、まさかのセンター国語6割5分。もう笑うしかない。数学ばっかりやりすぎた…。

幸い他の教科の出来がハチャメチャに良かったので、5教科合計は8割後半には乗ったので国公立に関しては一安心。だけどセンター利用は青学日文に出したので、まあ落ちました、そりゃ国語できてないやつを日文に入れないよね〜

 

滑り止めがない

国公立志望の人は併願の私立についてじっくり調べる時間もないと思うんですけど、ジャニタレが通ってる(通ってた)っていう安易な理由で適当に決めない方がいいです、マジで。

阿部ちゃん〜中丸〜って言ってなんとなく上智と早稲田に出して、死にかけたバカがここにいます。センター利用落ちて気づいたら滑り止めがなくなってました、ほんとうにバカ。絶対に浪人だけはしたくなかったのでこの二校の結果待ちの間が受験生活の中で二番目に病んでた!(一番病んでたのは次に)

 

Jr.担の宿命

なんとか頑張って先述の私立にも受かり、とりあえず浪人は回避。安心して国公立受けられるわ〜と思っていた矢先にJr.担としてのつらいつらい洗礼を受けます。

推しの退所。

この時国公立受験2日前。Jr.担やってればいつかは経験することだろうなと漠然と考えてはいたんですが、普通このタイミングで来るか。

なんだかんだ理由をつけながら決して担当にはしなかったのをめちゃくちゃ後悔しました、サマステであんなにかっこいいところ見てたのにね。次また会える保証なんてないんだっていうのを痛いほど思い知りました。

 

けど、いつまでもくよくよしてられない、曲がりなりにも受験生!!

Mステでオザケンが僕らが旅に出る理由歌ってて、それ見たらなんだかいろいろとすっきりしました、ありがとうオザケン!!!!やっぱり王子だ!!!!


小沢健二 - ぼくらが旅に出る理由(Single Edit)

 

終わってみて

と、いろいろありましたが、冒頭に書いた通り無事に第一志望に合格できました!!

 

塾なしで国公立受かったコスパのよい娘として1ミクロンぐらいは親孝行できたかなと思います、しかしこれからもすねかじり虫ではあるので勘当されないようにします。

担任にもいろいろと隠し事の多い生徒で申し訳ございませんでしたと謝りたいです。

顔を合わせれば必ずジャニーズの話題をふっかけていた友達にも謝りたいです。もういろんな人に謝罪行脚に行きたい。

 

それと、なんだかんだで受験期も離れられなかった自担の松村北斗くんには親の次に感謝してます。もし仮に北斗担もといスト担もといジャニヲタじゃなかったら果たして受験を乗り切れていたのだろうか…甚だ疑問である…。ぽちっと再生ボタン押せば、「間違ったっていいそれでいい」って言ってくれるんですよ!?Sixカロリーメイトぐらい受験生の味方TONESじゃない!?!?ホント日本中の受験生はスト担になるべきだよ!!!

一方的にありがとうを伝えたいのでお手紙にでも書こうと思います(まさか自分がファンレターを書くような人間になるとは)

 

おわり

 

 

 

 

 

*1:マジで600時間やった人いたらごめんなさい

*2:過去記事にレポあるのでよかったら